説明

補償範囲が広い保険

女性

自転車保険は必ずしも自転車を運転する人だけに加入がすすめられている保険ではありません。日常生活で負う賠償責任を広域的に補償してもらえる保険なので、自転車に乗らない場合でも一つは契約しておくと安心です。

詳細を確認する...

安心して海外旅行に行く

男性

もし海外旅行で病院にかかったら、手荷物が行方不明になったら、など海外旅行の不安を少しでも解消してくれるのが海外旅行保険です。不測の事態にかかった費用を補償してくれるのです。なかでもインターネットを利用した申込は、保険料も安いために人気となっています。

詳細を確認する...

車の保険料を節約する方法

女性

自家用車を運転する場合は強制的な自賠責保険の他に、任意保険に入っておく必要があります。万一の事故の時でも補償してくれます。レンタカーや車をリースする人に便利なのが1日保険です。1000円程度の保険料で万一の補償が得られます。またたまにしか運転しない人にとっても1日保険は保険料の節約になります。

詳細を確認する...

欠陥住宅をなくす工夫

欠陥住宅を修繕する

女性

契約に従って、工事が完了し、住宅の引き渡しを受けたものの、契約通りの「性能」や「品質」が確保されていないことを瑕疵があると言います。いわゆる欠陥住宅ということになりますが、住宅のように大きなものになると、引き渡しを受ける段階で瑕疵に気づくことは簡単ではありません。むしろ、入居してしばらく生活をしたうえで、住宅の欠陥に気づくものです。そのため、新築住宅であっても、建物の欠陥に気づくのには時間がかかります。1カ月、2カ月で気づくこともあれば、数年後になって初めて住宅の欠陥に気づく場合もあります。消費者を守るために、法律は、住宅事業者に10年間の保証期間を義務付けており、修繕に要する資力も保険や供託で確保することが義務づけられています。

修繕費を保険で賄う

住宅に瑕疵があった場合の問題点として、施工業者が適切に対応してくれるかどうかということがあります。その点、住宅瑕疵担保保険に加入していれば、施工業者側も資金的な問題がありませんので、適切な対応が期待できます。また、施工業者が倒産してしまうケースも少なくありません。そのような場合でも保険会社による保証が期待できますので安心です。もちろん、保険期間は基本的には10年間となっていますので、保険期間経過後には保証されません。10年以上たってから発生した欠陥は、そもそも施工業者に問題があったという証明が難しく、瑕疵であったという判断が困難です。いずれにしても、新築住宅の瑕疵が適切に修繕されるためには、住宅保険が多くの役割を果たします。